お名前.comからエックスドメインへ移管する方法

お名前.comからエックスドメインへ移管する方法

この記事では、『お名前.com』で取得したドメインを『エックスドメイン』へ移管する方法を解説しています。

きっかけ

『お名前.com』で取得したドメインの更新期限が間近に迫り、他社を利用した場合の更新・移管料金が気になり調べた結果、エックスドメインが安いことが判明。現在、エックスサーバーを使っており、安心もきるのでエックスドメイン へ移管することにしました。

 

『お名前.com』『ムームードメイン』『エックスドメイン』で比較

ドメイン お名前.com ムームードメイン エックスドメイン
  更新 移管 更新 移管 更新 移管
com 1480円 920円 1180円 1180円 1480円 1480円
net 1280円 920円 1380円 1380円 1480円 1480円

*1年更新の料金(税抜き)です。

エックスドメインへ移管する場合の注意点

エックスドメインの移管申請のページに、移管できない条件が書かれていますのでよく確認してくださいね。

◆下記に該当する項目がある場合は、移管が不可能となるのでご注意ください。
<JPドメイン以外(.com / .net / .org など)の場合>

・ドメインの期限が切れている場合
・ドメインの期限が7日以内に切れる場合
・移管元ドメイン管理業者でドメイン登録を行ってから60日が経っていない場合
・移管元ドメイン管理業者が移管を認めていない、またはレジストラロックをかけている場合
(移管前に移管元ドメイン管理業者に必ずお問い合わせ下さい)
・ドメイン公開データベース(WHOIS)にドメイン登録者連絡先(registrant contact)として、自分のメールアドレスが登録されていない、または、そのメールアドレスでメールを受信できない場合
・当サイト規約に同意できない、または、違反している場合
・ドメイン紛争規約に同意できない、または、違反している場合

<jp/都道府県.jp/co.jp/or.jp/ne.jp/gr.jp/ac.jp/ed.jp ドメインの場合>

・現在のドメイン管理業者へ弊社「エックスサーバー株式会社」へドメイン移管を行うことを伝えていない場合
・ドメインの期限月に移管申請を行う場合
(移管元ドメイン管理業者により対応可否が異なります。お客様にて移管元ドメイン管理業者へ移管手続きが可能かご確認ください。)
・移管元ドメイン管理業者がレジストラロックをかけている場合

引用元:エックスドメイン

移管の流れ

『お名前.com』から『エックスドメイン』への移管の流れを簡単に説明。

『お名前.com』側の作業

  1. Whois情報公開代行を解除する。
  2. AuthCodeをコピー(メモ)する。

『エックスドメイン』側の作業

  1. 移管するドメインを入力する。
  2. AuthCodeを入力する。
  3. 支払い情報を登録する。

トランスファーの申請承認作業

  1. エックスサーバー側
  2. お名前.com側

それでは、移管の手順について、詳しく解説していきます。

お名前.comでの作業

まずは、お名前.comで作業を行っています。

Whois情報公開代行を解除する

まずは、Whois情報公開代行を解除するために、『お名前.com』で作業を行っていきます。

1.お名前.comにログインする

お名前.comにログインします。

お名前.comログインページ

 

ログインすると、「ドメイン契約更新」画面が表示されるので、ナビメニューの「ドメイン」をクリックします。

お名前.comドメイン契約更新ページ

 

自動更新の設定をしていない場合は、「更新手続きをお忘れではございませんか?」というメッセージが表示されますが、そのまま無視して「更新画面から移動する」をクリック。契約しているドメインの一覧が表示されます。

 

更新手続きをお忘れではございませんか?

2.ドメイン機能一覧をクリックする

契約しているドメイン一覧が表示されたら、ドメイン機能一覧をクリックします。

ドメイン機能一覧を選択

 

3.Whois情報公開代行の設定をクリックする

ドメイン機能一覧ページが表示されたら、画面を下へスクロールしていくと「登録情報の設定」が出てきます。その中に「Whois情報公開代行」の設定があるのでクリックします。

Whois情報公開代行をクリック

4.Whois情報公開代行設定の解除へ進む

契約しているドメイン一覧が表示されています。確認ボタンの下に、小さな文字で書かれている「Whois情報公開代行設定の解除はこちら」をクリックします。

Whois情報公開代行設定の解除

 

5.Whois情報公開代行設定を解除したいドメインを選択する

Whois情報公開代行を解除したいドメインを選択し、「確認」ボタンを押します。

Whois解除

6.申し込みをする

解除するドメインが表示されるので、間違いがないか確認をします。注意事項の内容をよく読み、「注意事項に同意し、手続きを申し込みます。」にチェックを入れ、「確定」ボタンを押します

申し込みをする

7.ドメイン一覧へ戻る

「お手続きが完了しました。」と表示されたら、メニューの「ドメイン」をクリックし、一覧へ戻ります。

手続き完了画面

AuthCodeをコピーする

移管するために必要なAuthCodeを調べ、コピー(メモ)をしておきます。

1.移管ドメインを選択する

ドメインの一覧から、移管するドメインをクリックします。

移管ドメインを選択する

2.AuthCodeをコピーする

ドメイン詳細の項目の中に「AuthCode」があるので「表示」ボタンをクリックします。

AuthCodeを表示する

 

コードが表示されたらコピーまたはメモをしておきます。

コードをコピー

 

エックスドメインでの作業

ここからは、エックスドメインでの作業になります。

移管申請を行う

移管申請の手続きを行っていきます。

1.エックスドメインへアクセスし移管申請をする

エックスドメイン(https://www.xdomain.ne.jp/ )へアクセスし、移管申請をクリックします。

エックスドメインへアクセス

2.移管するドメインを入力する

移管するドメインを入力し、「検索」ボタンをクリックします。(1行1ドメイン、http:www.などは不要)

移管するドメインを入力

 

3.AuthCodeを入力する

検索ボタンを押すと、移管が可能かどうかの結果が表示されます。移管可能のであれば、移管を行うドメインにチェックを入れ、『お名前.com』で確認した認証コード(auth code)を入力します。最後に、「移管手続きに進む」ボタンをクリック。

AuthCodeを入力する

4.エックスサーバーにログインする

ログイン画面が表示されます。エックスドメインの移管申請は、エックスサーバーのアカウントで行います。初めての方は「Xserverアカウントの登録へ」進み、カウントをお持ちの方は、サーバーアカウントとパスワードを入力してログインします。

エックスドメインログインページ

5.お支払い情報の入力

お支払い情報の入力画面が表示されたら、「クレジットカード」「コンビニ」「銀行振込」「ペイジー」から支払い方法を選択し、「お申込み内容の確認」ボタンをクリック。

支払い情報の入力

6.お申込み内容の確認

申し込み内容を確認します。

お申込み内容の確認

 

「エックスドメイン利用規約」「個人情報に関する公表事項」が表示されているので、内容を確認後、「同意する」にチェックを入れ、「申し込む」ボタンをクリックします。

利用規約の同意

7.お申込みIDを控えておく

お申込み内容として、「お申込みID」が表示されます。問い合わせの際に必要となるので、念のため控えておきましょう。

お申込みID

 

移管申請の承認作業ー1.エックスサーバー

申し込みが終わると、『エックスサーバー』と『お名前.com』から確認のメールが届きます。移管申請の承認をするための重要なメールが含まれているので、必ず目を通しましょう。

ご利用料金お支払い確認のお知らせ

移管申請の申し込み後すぐに、「ご利用料金お支払い確認のお知らせ」メールが届きます。申し込みの内容、支払い料金などが書かれています。

ご利用料金お支払い確認のお知らせ

 

【重要】トランスファー申請に関するご案内

次に、「トランスファー申請に関するご案内」という重要なメールがエックスサーバーより届きます。メールには、移管申請の承認をするためのURLが表示されており、7日以内に承認作業を行わないと、移管が自動的に拒否されます

トランスファー申請に関するご案内

1.承認をするため、URLにアクセスする

トランスファー申請に承認するためには、新しいレジストラの規約に同意する必要があり、規約が確認できるURLが表示されています。こちらをクリックします。

移管申請承認URLにアクセスする

2.ドメインの移管承認をする

エックスサーバーの「ドメインの移管承認」ページが表示されたら、「移管を承認する[APPROVE](確定)」ボタンをクリックします。

エックスサーバー ドメイン移管承認

3.申請承認完了

トランスファー申請承認完了ページが表示されます。承認すると移管申請の手続きが開始されます。

トランスファー申請承認完了

移管申請の承認作業ー2.お名前.com

今度は、『お名前.com』よりメールが届くので、承認確認作業を行います。

承認の期日は、各種JPドメイン:メール送信日時から168時間(7日)後まで、 JPドメイン以外:メール送信日時から96時間(4日)後までとなっています。

トランスファー申請に関する確認のご連絡

エックスサーバーの移管申請承認を済ませると、今度は『お名前.com』より「トランスファー申請に関する確認のご連絡」メールが届きます。エックスサーバーと同様に承認作業を進めていきます。

お名前.com移管申請承認メール

1.承認をするため、URLにアクセスする

承認手続きをするためのURLをクリックします。

お名前.com移管申請承認メール

2.ドメインの移管承認をする

『お名前.com』の移管承認ページが表示されたら、ドメイン名下の「承認する」ボタンをクリックします。

お名前.com承認フォーム

3.決定ボタンをクリック

確認画面が表示されたら、「決定」ボタンをクリックします。

承認フォーム 確認画面

4.完了

移管申請の承認が完了しました。

お名前.com 承認完了

 

以上で、すべての移管作業は終了です。

ドメイン移管完了後

ドメインの移管手続きがすべて完了したら、エックスサーバーより「ドメイン移管完了のお知らせ」が届きます。

ドメイン移管完了のお知らせ

 

あとがき

移管作業自体は、手順通りに進めるだけなので難しいものではありません。

私自身は、移管申請をしたものの、承認作業のことをすっかり忘れてしまい時間切れ。自動的に申請拒否扱いになってしまいました。ただ、期限切れまでの日数があったので、もう一度申請し直すことで移管作業を完了させることができました。(かなり、あせりましたが・・・)

エックスサーバーの場合、ドメインの期限が7日以内に切れる場合は移管ができなくなるので、余裕をもって手続きすることをオススメいたします。